飲食店オープンを成功させるには十分な準備を

>

身だしなみも営業活動も積極的に

当たり前のことをやろう

飲食店は接客業ですから、やはり従業員の印象が来店に大きく影響します。
飲食店の従業員は、オシャレと身だしなみを勘違いしないことです。オシャレが自分の個性の発揮ならば、身だしなみは相手を不快にさせない気遣いです。なんと言っても清潔感が大切です。
ユニフォームは、制服ならばコンセプトに合わせる、私服でも華美にならないように気をつける、こまめなクリーニングを心がけましょう。
髪型も大切です。頭髪などの異物混入は、飲食店にとって致命的です。また、無精ひげもお客に不潔な印象を与えます。ホールスタッフならばブラッシング・長髪は後ろで縛る、調理担当は帽子を必ずかぶることが必要です。
アクセサリー類も細菌や異物混入のリスクがありますので、身につけるときには充分に注意しましょう。飲食店に勤務中は、指輪・ピアス類は外した方が無難です。

不利な立地の飲食店の集客

田舎・里山・過疎地に立地している飲食店の集客は、とても難しいといえます。通りがかりで来店することはほとんど期待できません。その飲食店を目当てに、来店してもらえるきっかけを作る必要があります。
ウワサをつくりブランドを作る努力をする、それにはウェブやSNSを使うなどです。場合によっては、地元の放送局や新聞社に協力してもらい宣伝を入れるなど、地域興しの一環として協力を仰ぐことも必要でしょう。
お客を待っているだけではなく、地域の行う産業祭や各種施設のイベントに参加してケータリングを行い実際に食べていただくことも必要です。
実際に運営するに当たっても、メニューはシンプルにその中でも光るものに特化することが必要ですし、コストを掛けずに1人でも余裕を持って回せる効率性が必要です。
飲食店の存在が分かるように、看板の設置位置や見やすさにも配慮が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る