飲食店オープンを成功させるには十分な準備を

>

多すぎる飲食店が抱えるリスク

失敗の例と対策、資金と売上げ

飲食店も事業の一つですので、それをオープンし営業し続けるには経理面・史訓面でシビアでなくてはなりません。しかしキャッシュフローについて理解が不足している、ドンブリ勘定・机上の空論で動いている、飲食店と個人の財産の使い分けができていないなど、経理面でつまずくことが多いのです。
オープンに当たっての資金準備は別として、事前の借り入れ計画はきちんと立っていないといけません。仕入れ・人件費・家賃の支払いは、決して日銭を頼りにしてはいけません。
最初から黒字になることを想定した資金計画などを立てず、開店後しばらくは赤字であることを想定して、開店前に余剰資金を準備することが必要です。
あらかじめ月々の損益の予算化と検証・経費コントロールを心がける・支払い期日は遅く入金は速くしてもらうことを心がけましょう。

失敗の例と対策、メニューと立地

オーナーシェフの場合、料理に自信を持ちすぎて売る努力をしていない事例も見られます。本当は多くの顧客から受け入れられる商品ではないのに、商品さえよければお客がくると勘違いしている場合です。
単に味が良いだけではなく、コストに見合っているかも検討しなくてはなりません。オープンする前に限らず定期的に友人知人に試食してもらい、忌憚のない意見にも素直に耳を傾けましょう。
オープン前のマーケッティングも、不足がないようにしましょう。飲食店の立地も望む物件が手に入らないジレンマもありますが、自分の感性だけで決めることをしないようにしましょう。近隣住民の消費動向・人の流れが朝夕・平日と休日で違いがあるかなど様々なデータを検討しましょう。
利用者にアピールすることも忘れないで、リピーターを増やすことが最終的に経営を安定させます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る