飲食店オープンを成功させるには十分な準備を

飲食店オープンを成功させるには?

多すぎる飲食店が抱えるリスク

飲食店のオープンし経営を軌道に載せるには、様々な失敗例から学ぶ姿勢が大切です。 また小さな失敗例を糧として対策を立てることにより、結果的に経営のノウハウが身に付きお客様の満足につながります。 またスタッフの採用・定着させる努力も怠らないように労働環境には注意をしたいものです。

身だしなみも営業活動も積極的に

清潔感・衛生面が良いだけで飲食店に集客するわけではありませんが、食べ物を扱うのですから従業員の身だしなみは配慮しなくてはなりません。 立地など不利な条件の下、飲食店を経営し続けている場合もあります。お客を待っているのではなく、積極的な営業活動も必要です。

見逃しやすい飲食店開業のリスクと対策

個人で経営する飲食業は正直に言って、とてもリスクが高いものです。
まず言えるのが、飲食店は儲からない・安定した収入は不可能だということです。飲食店の売り上げは、その日の来店客が飲食にいくら使ってくれたかによって左右されます。しかし飲食店は収入的にとても不安定な、いわゆる水商売の典型です。
売上もさることながら、その利益率も低いこともあげられます。薄利多売で、利益高を確保するために価格を上げようとしてもお客はすでにデフレ価格に慣れてしまっています。うかつに値上げしようものなら、たちまち客離れを起こしかねません。
また個人の飲食店主はまさしくオーナーですので、休日を取れる補償はなし・病気欠勤の補償はありません。労働時間・休日は自身で決められるとはいえ、長時間労働が当たり前が実情です。文字通り体力が勝負です。
スタッフが集まらないこともリスクです。若者は得てして飲食業のアルバイトを毛嫌いする傾向にあります。飲食店の時間給が、地域の最低賃金よりかなり高めに設定されているにも拘わらず、思うように人は集まりません。
開業費が高すぎることもネックです。自宅を使う・居抜きを利用する・新規に作り直すなどケースにもよりますが、店舗オープンの際にはかなりの資金がかかります。店舗設備の他、食材の仕入れや人件費などの初期費用の準備も必要です。よほどの手持ち資金が必要になってきます。
何よりお客さんが定着するかも疑問符が付きます。我慢をして1年後に集客が安定すれば良いのですが、そこまで資金が持つとも限りません。また1年後に集客が安定する補償はありません。
飲食店の成功率は50%以下、一説には3年後生き残るのは30%程度といわれています。

居抜き譲渡も考慮したオープン準備

それでも飲食店をオープンさせたいならば、資金面の充分な準備はもとより、オープン前の3C分析がとても重要です。店内外の掲示物や掲示方法も工夫が必要です。ネガティブな考えですが、飲食店の物件を探したり設備工事をするときには、万一閉店し居抜きで譲渡することも考えなくてはなりません。

TOPへ戻る